オーガニック・無添加・食品のお店

冨長 春貴さん

大晦日に、年越しそばを食べた。福井の年越しそばは、写真のようなのが基本で、大根おろしをのせる。福井の習わしの通り、うちのそば皿で食べた。 そのそ…

続きを読む

変異種

今日は、ふろふき大根に(大おばからの差し入れ。私は、こんな念のいった料理は作らない)🕸カビ醬油麦麴をつけて、ご飯を食べた。食べながらニュースを見て…

続きを読む

こっぱで鼻をかむ

話は続いて、愛想がない話に花を咲かせると、私は、義母によく「あんたは、こっぱで鼻をかんだみたいや」と言われた。聞いて最初は、褒められているとは…

続きを読む

菌をもって菌を制す

まだ、🕸麦醬油麴が残っている。次は、人参葉のふりかけを作った。下ゆでした人参葉を細かく刻んで、炒めて🕸醬油麴を入れて終わり。 次は、小松菜の煮浸…

続きを読む

炒飯

前回の🕸醬油麦麴を見ながら、また考えた。ほってまう(捨ててしまう)くらいなら、何かに使えないか。 醬油麴で作る料理と言ったら、炒飯、卵ご飯、納豆ご飯…

続きを読む

続き

前回のくもの巣かびの麦麹を見ながら考えた。さて、この🕸麦麹、どうしたものか。 社長は決断が早い。と言うと聞こえがいいが、裏を返せば、気が長い方で…

続きを読む

くもの巣かび

毎日せわしなくしていて、気づいたら12月も中旬だ。この間、U農園さんの麦を麴にする加工依頼の仕事を引き受けた。 出来上がった麦麹を見たら、色が真っ黒だ…

続きを読む

続き

またまた、今度は。 どうしてこうなるのだろう、と考えた。 次の麹のはぜこみの時は、3つの点を改善した。すると、今度はかなり良い麹が出来上がった。仕…

続きを読む

毎日が一年生

今度は、だ。 次に出荷した麴の、はぜこみ(麴菌の繫殖)が弱い。はぜこみが弱いので蒸米に麴菌の菌糸が伸びていない。それどころか、蒸米が裸状態。 麴菌の繫…

続きを読む

年寄りの冷や水

昨日、急に枝豆収穫となった。と、言うのも、翌日の今日が雨予報だからである。 田んぼに行ってみると、一面草むらで、豆の枝なんて全く見えない。社長が…

続きを読む

河崎 郁子

マルカワみそ

マルカワみそ 河崎郁子が、味噌の話や日々の出来事などを
徒然に書き綴るブログです。

新エントリ

マルカワみそ オンラインショップはこちら